アイコのまんが絵日記 

社会復帰して8年目の統合失調症患者の思い出や日々の戯言を漫画やイラストで表現するブログです。※はてなブログに引っ越しました!

【統合失調症漫画絵日記3話】ココアとミルクの統合失調症カフェ(2)

 

 

f:id:niisimaaiko:20170706211548j:image

f:id:niisimaaiko:20170706211604j:image

f:id:niisimaaiko:20170706211619j:image

f:id:niisimaaiko:20170706211557j:image

f:id:niisimaaiko:20170706211612j:image

絵が雑です。色塗ってるだけマシだけど。でも描き直したような記憶もあるよ。このタッチ苦手なんだと思うわ。
 
コミックエッセイてさー。可愛い絵が多いじゃん?多分、生々しい話をしても中和されるからだと思う。
 
さて、内容ですが。このトーク電波ってけなされたりもしたんだよね。病気なおしてからかけばいいとかも言われたし。
でも、私はこれ以上ないくらい病気は落ち着いてるんで。うん。
 
これ描いてたときは、恋愛する年齢は早いほうがいいよって本当に思っててさ。
恋愛避けてても、歳とるとさみしくなるし、歳とってから大恋愛すると拗らせやすい・・・・のは実経験なんですよ。
大恋愛つっても自分の中の激しい恋愛感情で。相手には好きだとは言わせたけど、私のことたいして好きじゃなかったはず。
 
で、人に、恋愛しなさいって言ってもしないだろうし、恋愛するなって言ってもする人はするしで、本当に本能的なものだと思うので、言っても仕方ないけど、いくつになっても恋愛から背をそむけないほうがよいと私は思う。
 
経済力とか容姿とか年齢とか、関係あるけど、一番肝心なのは!本人に恋愛する気があるかどうかだよ!
私は統合失調症を発症して、20キロ太ったけど、病気後のほうが恋愛してるもん。
 
病気じゃないのに引きこもってるやつとか、働け!恋愛もしとけ!と言いたくなる老婆心。
 
あのとき、あの人をあんなに好きにならなければ!!気が狂うこともなかったんだけどさ!
でも、私は心から人を好きになれて良かったし、病気したから背をむけていた家族と和解できたし、完璧じゃないにせよ、望む仕事を手に入れられたので結果良かったと思ってるんですよ。
上京して、数年で漫画家を諦めたけど、WEBかDTPのデザイナーになりたかったんだけど、生活費を稼ぐのに精一杯で、専門学校はおろか、スクール代を貯めることすらできなかったんです。
うちの親はわりと裕福で、私に甘かったから、あのときに頼めば専門学校に行けたと思うんだけど、頼るのが嫌でさ(笑)短大中退して、1年だけという約束で援助してくれたから、それ以上は無理かなとは思ったし。
派遣しながら、意地になって東京にしがみついてたよ。あの頃は10年後何をしてるんだろうと毎日不安に思って暮らしてた。
 
そう。いろいろ世話やいてくれるの、うちの家族は。でも口が悪いから昔は大っ嫌いだったの。
だけど、口先だけの優しい男よりも、口の悪い家族の方に私は愛されてたんだよね。
 
若かったし、馬鹿だったし、親が貧乏だったら、貧困から抜け出せてないしさ。
だからね。貧困から抜け出せない人の気持ちもわかるんだよ。
 
私の親が本当にクズ親だったら、私、貧乏のまま、狂ったまま、で人生終えてたと思うよ。
それくらい家族って大事だし、影響があると思う。
 
家族に甘えすぎるのはよくない。けど、あの頃、私に自殺する勇気がなかったから気が狂ったんだと思ってて、統合失調症を発症しなければ、私は自殺してたと思うくらい追い詰められてたの。
私は統合失調症になったから、今も生きてるんだと思う。だからベストじゃないけど、ベターな結果かなあと思ってます。私がもっと要領よく生きていれば、病気しなかっただろうけどね。
 
心配してくれる、愛してくれる家族がいるのに、家族に相談しないで死んじゃ駄目だよ?
生きてればいいことあるよ。目の前の世界が美しいことに気づく、それだけでけっこう幸せになれるんだよ。
家族を頼れない人は、行政に頼るとか、いろいろ道はあるんだよ。
 
死にたい気持ちになってるときは本当に視野がせまくなってて、もう人生詰んだ、死ぬしかないと思ってしまうけど、死なないうちはゲームオーバーじゃないよ。
このブログにたどり着いた人は、統合失調症の人か、家族か、または少し気持ちを病んでて、病気なんじゃないかなって思ってる人が見てくれてるのかなって思うから、エールを送っておこう。
 
生きていこうよ!!
つらいときも、どうしようもないときも、死にたくなるときもあるけど、
神様に生まれ変わらなくても、そのままのあなたを愛してくれた人はいたんだよ。
立ち止まって、休んでみて、外を歩いてみて。
きっと作り替えなくても、そのままで美しい世界が広がってるから。