アイコのまんが絵日記 

社会復帰して8年目の統合失調症患者の思い出や日々の戯言を漫画やイラストで表現するブログです。※はてなブログに引っ越しました!

【統合失調症漫画絵日記6話】最近のミルクさん

f:id:niisimaaiko:20170708034016j:image

f:id:niisimaaiko:20170708034025j:image

f:id:niisimaaiko:20170708034051j:image

f:id:niisimaaiko:20170708034043j:image

f:id:niisimaaiko:20170708034036j:image

誤字脱字直すべきなんだろうけど、そのまま載せちゃう怠慢な私。。。
このころはipad proで漫画描いてて、ipadペンシルは描き心地はいいんだけど、直接、photoshopや、CLIP STUDIOで漫画をかけるvaio Z canvasで描くのとではクオリティに雲泥の差がでるんだよね。vaio Z canvasは生産中止になったから、タブレットPCが欲しいなら、これからsurface PRO一択じゃないかな?使い方によるんだろうけど、ipad proはパソコンの代わりにはならなくて、アプリもパソコンと連携するタイプのが多いから、両方持ては便利で、どっちか選ばないといけないならタブレットPCをおすすめするかなぁ。ipadipadでパソコンより立ち上がりが早くて、簡単にブログ記事書きたいとか、動画見たいとかには便利だけど。
 
さて、漫画の内容についてですが、睡眠障害的なものはこのシリーズ始めたあたりから出てて、まだ治ってないです。
仕事して、お家帰って、なんにもしないでボーっとすごせば治るかもしれない、でもそれだとなんのために生きてるのって思うわけ。
徹夜して漫画描いてるわけじゃなく、ご飯たべて、お風呂に入って、11時にねる前のほんの少しの時間を漫画描くのにあてるだけで仕事に差し支えるってどういうことなんだろう??
薬の副作用かもしれないし、もともとの体質なのかな?とも思ったり。
 
若いころは、本当に仕事できないコでした。
漫画のストーリー作りをしながら仕事をするので、どこかうわの空で仕事してたんですよ。
 
だから、結局、軽作業の仕事に落ち着くまでは職が落ち着かず、転々としてて、もう漫画家はいいやって思って、仕事に専念したら、仕事を評価してもらえるようになった経験があって。漫画を描くという作業が、私の少ない脳内メモリをだいぶ使ってしまうらしく、仕事がちゃんとこなせなくなるというかね。
 
でも、統合失調症になって、薬を服用して社会復帰、仕事するようになってから、仕事中に空想するなんて器用なことができなくなってました。病気する前は健常者だったけど、普通の人はこんなに静かな世界に生きてるんだって軽く衝撃を受けたのを覚えています。
 
漫画を描かなくなってからは仕事は順調でした。でも、私のアイディンティティーのほとんどを下手くそでも”絵を描くことが好き”だということに占められていたから、絵を描かない日々はどこか空虚で、物足りないものでした。だから、多少、生活に支障がでても好きなことしたいなーと思ってしまうんです。
 
統合失調症漫画を描くことの社会的意義を感じてるというより、私が過去を吐き出したいから、しょうもなくても描いてるんです。
偏見の多い病気ではあるし、陽性が酷かったころのことを描くと返って偏見が広がるかもしれません。
薬は飲み続けないといけないから、厳密には治らないけど、でも、薬を服用しつづけることで、正気に戻るよってことだけはしつこく伝えておきたいです。
 
ちょっと変な行動とる人をすぐ統合失調症扱いする風潮がネットにはあるけど、本当に重症になるとネットもできないと思うんだけどなぁ・・・。
私が陽性症状全開のときは世界中の人間が実は私が神様であると知ってるけど隠してる!と思ってたので、ネットに書かれてることがすべて私へのメッセージだと思って、とてもネット出来なかったですよ。まあ、症状には個人差があるので、私がこうだったから、すべての統合失調症患者がこう!とは言えないんだけどね。