アイコのまんが絵日記 

社会復帰して8年目の統合失調症患者の思い出や日々の戯言を漫画やイラストで表現するブログです。※はてなブログに引っ越しました!

#2 精神病院に入院中、姉が毎日お見舞いに来た話。

f:id:niisimaaiko:20170708204708j:image

 

f:id:niisimaaiko:20170708204718j:image

鬼束ちひろを聴いています。落ち着くなあ。
 
夏バテ気味ですが、気分転換が下手なので(いろんな作業を並行してやるのも中断して他のことするのも苦手です)、ブログの引越し作業プラス駄文付け足しの続きをします。
 
引越しとはいえ、更新過剰でウザくならないように、普段お世話になってるブログ村への登録や、ツイッターでの更新報告は控えておりますが、現段階で、当ブログにお越しいただいている方には心から感謝ですー。
 
今日は仕事が休みなので、昼間は、他の統合失調症患者の描いた漫画を探してネットを彷徨ってました。
 
その中に、統合失調症を発症し自殺した漫画家の、山田花子さんという方がいて。
姉が高校生のときに、ガロにはまってて、この方の単行本を持ってたんですけど、すっごい憂鬱になる漫画を描く人だったのを覚えてるんだけど、統合失調症だったのは知らなかったので、びっくりしたんですが。
 
なんかね、相手が恐らくなんにも考えずに発した言葉に過剰に傷つく様子が漫画に描かれていて。こういう人は生きにくいだろうなあと思いました。
 
この人は統合失調症にならずとも自ら死んだのではないかと思ってしまうような。ネガティヴ方面への凄まじいパワーを感じました。現代の医学でも彼女は救えただろうか??
 
前に、統合失調症を発症してなかったら、私は自殺してたんじゃないかと思うという旨の記事を書いたんですが、私は、発病時、この後に及んで、死にたくなくて、結果、神になったのだと思いました。無駄にポジティブ!!ポジティブも過剰だと発狂するようですよ。ああ。
 
知り合いの統合失調症患者に、3階から飛び降りて、死にかけた人がいるんですが、その方いわく、自分はスーパーマンだから、飛べると思ったんだと言ってました。
 
発病することで、死にかける人もいる。本当に個人差の激しい病です。
 
本当に死にたい人を自殺から守ることはできないことなのでしょうか?
前に、オランダで、体が健康でも、心を病んで死にたい人には安楽死を許可する法案が通ったとニュースが流れていました。どうかと思います。精神を病んでる状態は普通の精神状態ではないし、回復したら死ななくて良かったと思うことも多いと思うんです。
 
ちなみに、弟は地元で、私の精神病院を探してくれましたが、父は最近まで、私が精神病を患っていることを知らなかったようです。父は基本自室に引きこもってますが、一応一緒に暮らしているのにねww
昔から、子どもは、20歳までは責任もって面倒みるけど、20歳を過ぎたら、どこで野垂れ死のうと知ったことじゃないと言ってた人なので、本当に私に興味がないのでしょう。
でも、家族で一番、父の味方なのは私ですwなんか憎めない人ですよ。常識に欠けるところがあるのは否めないのですがね。
 
 
姉も父が好きらしいです。姉は常識人の母とのほうが折り合いが悪いのですが、離れて暮らすようになってからうまくいってます。どっちも女王様気質だから一緒に暮らすと衝突するのです。
 
両雄並び立たず!かな?うーん、うまく表現できない。