アイコのまんが絵日記 

社会復帰して8年目の統合失調症患者の思い出や日々の戯言を漫画やイラストで表現するブログです。※はてなブログに引っ越しました!

【アイコの漫画絵日記】夢破れ上京編(2) 合作

f:id:niisimaaiko:20170715184018j:plain

f:id:niisimaaiko:20170715184034j:plain

f:id:niisimaaiko:20170715184048j:plain

f:id:niisimaaiko:20170715184111j:plain

f:id:niisimaaiko:20170715184128j:plain

f:id:niisimaaiko:20170715184142j:plain

f:id:niisimaaiko:20170715184201j:plain

f:id:niisimaaiko:20170715184216j:plain

f:id:niisimaaiko:20170715184231j:plain

f:id:niisimaaiko:20170715184244j:plain

f:id:niisimaaiko:20170715184259j:plain

 

悠奈さんには後々派遣会社を紹介してもらったり、世話になったので、あまり悪くいいたくないのですが、この合作作業は本当に辛かった・・・。
 
一見ソフトで、控え目に見えるけど、口が悪いのです。
「アイコちゃんの絵って個性的だね」
と言ったかと思えば、後日、
「絵の下手な人には、直接言えないから、『個性的』って言い方するよね」
と言い出すのです。でも、本人に悪気はないのです。
言ったことをさくっと忘れてしまう人なのです・・・。
 
姉は、常に悠奈さんの味方です。
作画はほぼ私がやってるのに、私の味方はいません。
 
今でも、人に自分の考えた話を人に描かせようとする人は好きじゃないです。
だから、デスノートは動画を作るほど好きでしたが、バクマンは嫌いです。
弟が全巻揃えてますが、読むのを、途中でギブアップしてしまいます。夢みたいな漫画家目指す話は私にはキツすぎる。あー良かったねー、天才なんだねー、天才同士で出会えて良かったねー、とナナメにみてしまうのです。
 
リアルなアニメ業界を描いた漫画の「アニメがお仕事!」の方がよっぽどいいです。絵で苦しんだり、それでも描き続ける自意識との戦いが、バクマンにはないのです。全部は読んでないけど。少年誌だから仕方ないのかね。
 
人生は有限。若さも有限。創作できる時間なんて僅かです。自由に描かせてくれ・・・。
 
この漫画の続きは、本筋から外れた漫画をだらだら描いてしまった経緯があるので、仕切り直して、「続・アイコの漫画絵日記」を始めようと思います。
 
姉の妊娠と結婚を機に、親の金で1年間限定で一人暮らしをはじめて、出版社に一年かけて描いた漫画を持ち込みにいくものの、いろいろダメ出しされて「3ヶ月以内に言われたこと全部直した新作漫画を持ってきて。それで出来が悪かったら、漫画家は諦めるように言うから」と言われて、絶望する話と、突然やってきたイケメンの訪問販売員となぜか付き合うことになる話を描きます。ちょろちょろ予告だしてたけど、今度こそちゃんと描きます。
 
若いころの私はあまりにもアホすぎて、描くのがつらいですが、描くことで、忘れるんじゃなく、乗り越えたいのです。
まあ、読者様には、アホだなあ・・・と笑っていただければと思います。そして、願わくば、私と同じ轍を踏まぬよう、漫画の持ち込みは短編漫画持っていくこと、諦めず何度もチャレンジするなど、頑張ってほしいです。。。
 
この漫画絵日記シリーズを描き終えたら、私ももう一度創作漫画を描いて、投稿ないしは持ち込みに行きたいですよ。
自分のカラーに合う漫画雑誌がないけど。←
むしろ雑誌に合わせて描けよって?
器用じゃないんだよー。許してくれー。
 
ま、そんなとこです。まったねー。