アイコのまんが絵日記 

社会復帰して10年目の統合失調症患者の思い出や日々の戯言を漫画やイラストで表現するブログです。

【痔の手術】お金の話【高額療養現物給付制度を利用しよう】

来月、痔の手術をすることになりました。

 

半年以上、痔で通院しておりましたが、ちょこちょこ痔の手術を主治医から勧められていたのと、月一で通院するのが大変で、薬を切らすと痔が急に悪化する、というのを繰り返していたので、手術をしたいと主治医に申し出ました。

 

友達、というか元彼もどきが、痔の手術2万円程度だったよ!とほざいていたので、日帰り入院くらいの軽い気持ちだったのですが、なんと、20日程度入院しないといけないと言われーの、所得に応じて変動する『高額療養現物給付制度』なるものを提示されてーので、けっこうびびっています。大事になってしまった。。。

 

まあなんだ。元彼もどきのように2万円程度の手術ですむ人もいるようですが、私のように、医療費が高額になる人もいるのだと知ってほしくて、これから痔の手術を考えている人に向けて記事を書こうと思います。

 

高額療養現物給付の対象者は、医療機関窓口での支払いが下記限度額までとなります。

所得区分 自己負担限度額 1年に4回目以降の限度額
区分ア(報酬月額83万円以上) 252,600円+(総医療費ー842,000円)×1% 140,100円
区分イ(報酬月額53~79万) 167,400円+(総医療費ー558,000円)×1% 98,000円
区分ウ(報酬月額28~50万) 80,100円+(総医療費ー267,000円)×1% 44,400円
区分エ(報酬月額28万未満) 57,600円 44,400円
区分オ(低所得者・住民税非課税) 35,400円 24,600円

私は「区分エ」になりました。よほど稼いでいる人じゃなければ、たいてい「区分エ」になるのではないかなと思います。

そして、この57,600円にプラスして入院雑費だいたい3万円程度かかって大体10万円程度になるよと受付のお姉さんに言われました。

この高額療養現物給付制度を受けるには、入ってる健康保険組合から、『限度額適応認定制度』なるものを申請して交付されなければいけません。

こういうのです。
f:id:niisimaaiko:20180526141502j:plain

さらに、働いていて同居してなくて県内に住んでる保証人を立てられなければ、初日に内金として10万円払ってくださいと言われました。
うへえ。。。

そんな都合のいい保証人などいないので、両親からお金を借りて手術することにしました。こりゃ大変なこっちゃ(@@

ちなみに、痔の診察はこんな姿勢で受けました。
テキトウな絵でごめんねー。
f:id:niisimaaiko:20180526135126j:plain

入院中、せめて絵が描けるような環境と体調になれば、楽しく過ごせるんだけどな!
なんて夢見つつ。。。

痔の手術を考えている方に参考になればと思います。
痔の診察を受けるのは恥ずかしいけど、拗らせると大変ですので、早めに診察受けてください。
手術を受けずに薬で様子を見るとなると、一ヶ月5000円以内で済みますけど、薬を切らすと悪化するし、治療が長期化することを考えると早めに手術を受けるのも手だと思います!

それではまた!!