アイコのまんが絵日記 

社会復帰して10年目の統合失調症患者の思い出や日々の戯言を漫画やイラストで表現するブログです。

愛と性欲と結婚がイコールにならない。

仕事が忙しく、残業続きで、生理も三日目とあって辛い。
生理のなにが嫌かって、腰が痛い、おしりもむずむずするし、出来る状態じゃないのに性欲だけがむくむくと沸き起こることだ。個人差があることだから、私の場合は、と注釈が必要になるのだけど。
 
私の家族で毎年恒例となってるGWの旅行の話で、俺をおいて旅行に行くのかと拗ねるので、とりあえず姉に、同居人の彼も連れて行っていいか相談したら、まず、うちの母にきちんと紹介することから始めて欲しいと言われて、今週の土曜日に合わせることになった。父も一緒にと思っていたけれど、母は家庭内別居状態の父よりも、常識人の弟と一緒にうちのアパートに来たいと言った。
 
気が重い。
 
そういえば、バレンタインに同居し始めてちょうど1ヶ月がたった。
予想してた通りだけど、一度も交わっていない。
 
一緒に、お風呂にも入るし、事あるごとにハグもするし、手を繋いで買い物にも行くのだが、セックスはしない。私がふくよかだから欲情しないとのこと。
 
そういうこともあって私の中で、彼の立ち位置が、同棲中の彼氏から、変わり者の同居人にシフトしつつある中、結婚もしてないのに家族旅行に連れていくにも変だと言ったからなのか、結婚しようと言われた。
 
釈然としない。
実はゲイだとか、インポだと言ってくれた方が納得するのに。
でも、そうではないらしく、私が痩せれば、全て解決するのだと宣う。
 
シングルのマットレスが狭いので、一緒のマットレスで寝るのを諦めて、半分あけた襖を挟んでマットレスを並べて寝ているが、襖が邪魔だね、取りたいね、と言っているのを不思議な気持ちで聞いている。今の状態でさえ、ろくに自慰も出来ず歯痒いのにと私は言葉をかみ殺す。
 
家事も積極的にやってくれるし、明るく楽しい人だし、嫌いになるわけもないのだけど、愛を信じるには引っかかる。
 
信じてほしいと手を握られ、
私は不思議な気持ちで聞いていた。
 
母は思いっきり同居人を怪しんでいるが、その疑惑を振り払えるほど私も信用できてるわけじゃないのだ。
 
嫌いじゃないし、好きだと思うし、一緒にいて楽だし、楽しいし、
だけど、愛されていると胸をはれるかといえば、そうではない。
 
たかがセックス。されどセックス。
生理的に無理と言われたようなショックが拭いされない。
 
そして、運命の日はくる。
さて、どうなるか。