アイコのまんが絵日記 

社会復帰して10年目の統合失調症患者の思い出や日々の戯言を漫画やイラストで表現するブログです。

【統合失調症患者の働き方/クローズ就労】嘘の履歴書が健常者と同等に働く覚悟の証

ちょっと前にyosikiさんがこんなエントリーあげてたんだ。
面接に受かるために、履歴書に嘘を書くのがつらいっていうね。
ぶっちゃけちゃうけど、統合失調症を隠して働いている私も、履歴書は嘘にまみれているんだ。
東大に行ったとかいうような大それた嘘は書かないけど、1ヶ月しか続かなかったコールセンターや菓子販売員は3年働いたことにしたり、3年続いた仕事は5年働いたことにして空白期間を埋めた。
 
精神科に入院したことなんか当然書かないし、漫画家を目指してニートしてた時代もなかったことにした。
馬鹿正直に書いてた時期もあったんだけど、「どんな漫画描いてたの?ま、どうせ大したことないんだろうけど。」って鼻で笑われてから、本当のことなんて書いちゃいけないんだと悟った。
 
経歴詐称しやがって!とか私に対して怒る人がいるなら、私を養ってくれるのだろうか?働かなくていい、金を好きなだけくれるというなら、喜んで働かないけどな。
 
最低賃金以下でしか雇わないような障碍者雇用なんて誰がやるものか!
健常者のフリをした履歴書が、健常者なみに働く!という私の覚悟の書である。
だから、嘘の履歴書を出すことになんの躊躇いもなかった。
クソな世の中を生きていくために必要なことだと私は思っているんだ。
 
うちの母が障碍者手帳をとるのを嫌がったので、私は障碍者年金を貰わなかった。
今思えば、もらえるものはもらっておけばよかったと思うのだが、デイケアに行くのも嫌だったし、普通に働けると私は私を信じた。
 
今の会社に務めて5年目になるんだけど、聞くとみんなけっこう詐称しているようで、
IT関係⇒本当は出会い系のさくら
パチンコ屋の店員⇒本当はキャバ嬢
これくらい普通。マジ普通!!
 
できるだけ、嘘はつきたくない。
それはたしかだけど、クローズでフルタイム勤務していることは私の誇りでもある。
 
仕事だけの人生なんて嫌だ。
でも、働くことは生きていく力だ。
嘘をついてでも、普通の会社に潜り込み、本当の実績をつくることだ。
 
日本という国はレールから外れると実に生きにくい。
それでも、やり直しができないほど酷い国でもないと思う。
 
生きていかなきゃいけないから、
生きていくために嘘もつく。
それが絶対ダメだと言う奴がいるなら、ケリを入れてやるよ!
 
私は健常者なみに働けるよ。
でも、病気を明かして就職活動していたならば、今の会社にはいないだろうな!
 
 
差別するななんて言わないよ。
差別されるくらいに症状の重い人たちがいるからこそ、私の薬代はタダなのだから!!
 
まあ、今日はこんな感じで。んじゃまた!!