アイコのまんが絵日記 

社会復帰して10年目の統合失調症患者の思い出や日々の戯言を漫画やイラストで表現するブログです。

十二人の死にたい子どもたちをざっくりレビューする。

f:id:niisimaaiko:20190218201819j:plain

十二人の死にたい子どもたちを観てきた。

年末のビンゴの末のジャンケン大会で勝ち抜いてGETした映画ペアチケットを使って浜田さんと映画を観てきた。

 

そこでネタバレレビューと行きたいところだけど、ミステリーだから直接見に行ってほほお、となってほしいなあと思うのでさっくりしたあらすじだけ紹介。

あらすじ

ネットで死にたい人が12人集まる廃墟の病院で、すでに死んでる人がひとりベットに横になっていた。先走ったのか、待てなかったのか。そんな中、最後の12人目が到着した、と思ったら、企画者が最後に到着し、13人になってしまう。ちょっとまて。すでに死んでる人物は部外者で、誰かに殺された、のか・・・?!

本当の本当は死にたくない。でも他の解決策を考えだせない。

ミステリーなので、謎解き部分は伏せるとして。知らない誰かと一緒に死のう、っていうのって、不思議な心理だけど、本当に死んじゃった事件以前ありましたよね。最近のリアルなのでしょうか。でも、ひとりで死にたくない時点で、寄り添ってくれる誰かが欲しい時点で、本当の本当は生きたいのではないでしょうか。

 

死にたいのが大人だったら救いがないのかもしれぬ。

みんな中高生くらいの子どもたちの話なんですけど、これが大人バージョンだったら救いがないよねえって浜田さんと話になりました。よりどろどろどろするでしょうしね。人は絶望の中にも救いを求めているのだろうと思うのでした。

 

ラストがけっこう爽やかでいい。

デートでも問題ない映画です。ラストが案外爽やかなんです。ぜひ映画館で見てみてね、

 

 

んで翌日はじゃらんのポイントが当たったので、ホテルビュッフェにも行きましたよ。

f:id:niisimaaiko:20190218202027j:plain

スマイルホテルのランチ。おいしかったでーす。

それではまた。