アイコのまんが絵日記 

社会復帰して10年目の統合失調症患者の思い出や日々の戯言を漫画やイラストで表現するブログです。

怒り狂われても、直せないし、直す気もない

弟が怒ってる。いつも怒ってるからどうでもいいんだけど、洗濯機が洗い終わっても洗濯物を取り出すのを忘れているということが許せないらしい。

f:id:niisimaaiko:20181226233159p:plain

まあ、統合失調症以前に発達障害かもしれんと思うことのひとつに、マルチタスクが全然ダメで、作業を中断して他の作業をすると往々にして中断した作業のことを忘れてしまう。
 
洗濯機が終わる時に音楽がなるけど、他のことに集中しているとまるで聞こえない。聞こえないものを聞けというほうがおかしい。
 
弟の望むように、洗濯物を忘れないようにしようとするなら、洗濯機を回して、他は何もせず、ひたすら洗濯機が終わるのを待つしかない。そんな時間の使い方をしたくないので、解決することはない。だから、弟はこれからも怒り続けるのだろう。どっちかが家を出る日まで。
 
うちの母も弟もよく怒る。
どうして怒られないように私が立ち回ないのか不思議らしいが、怒られることに慣れすぎて、感覚が麻痺してしまったのと、忘れてしまうことや思い出せないことや、気づかないことをなぜ気づかないんだと怒るので、解決のしようがないのである。
 
そんな母も弟も教育者である。笑えるだろう?
 
やる気もないけど、やる気を起こしたところでうまく出来ないということが理解できない。
 
発達障害というもののボーダーラインはあやふやで、生活に支障が無ければ、別に治療も必要ないらしいが、この人は発達障害だから仕方ないのね、と思って諦めてくれれば楽なので、今の時代に必要な概念なのだと思う。
 
専門の病院で調べれば、発達障害の認定も降りるかもしれないけど、治るわけでもなさそうだし、どうでもいいな。もし、コインランドリーとか公共の施設を使わざるを得ないのであれば、何もせず、洗濯機の前で待つけれどね。
 
早く家を出たい。