アイコのまんが絵日記 

社会復帰して10年目の統合失調症患者の思い出や日々の戯言を漫画やイラストで表現するブログです。

夫が成功したら離婚するかもしれんね。

糟糠の妻はなぜ捨てられるのかという本を読みました。

思えば、とあるお笑い芸人が下積み時代を長年支えてくれた彼女を捨てて、若い女を孕ませて結婚しちゃった時は生理的にキツイな、と思ったことをよく覚えてるんだけど、古今東西よくある話であるし、現在、AIプログラマーになろうと勉強している夫を支えている状態の私としては人ごとでもなくなったので、糟糠の妻はなぜ捨てられるのか、と言う本を買って読んでみた。

まあ、大筋の内容は納得できないこともないんだけど、最後の後書きのようなやつにイチローの奥さんが捨てられない最強の糟糠の妻だとか書いてるけど、その奥さん、イチローがスーパースターになってから出会って結婚してるから、糟糠の妻ではないでしょ、て言うのが最大のツッコミどころだけど、それは置いといて。

 

成功した男が、貧しい時に支えてくれた妻を捨てるのは「貧しい時に支えてくれた女は、成功した時に男に精神的にも釣り合わなくなるから」といった感じの、男寄りの主張が続いていく。

捨てられる糟糠の妻のタイプとして挙げられたのがこの3タイプ

①夫の成長を認めない「木綿のハンカチーフ」タイプ

②夫と釣り合わなくなる「無意識に掴んだ玉の輿」タイプ

③夫から与えられることを素直に喜べない「捧げ尽くす妻」タイプ

 

そういった感じでもっともらしく、捨てられる妻に落ち度があるように書いていくんだけど、本当はもっと話は単純で、

 

そうやって、成功したら若い不倫女に鞍替えするような男は、そもそもその妻のことを貧しいのに支えてくれるから結婚してたんであって、生活のためであって、本当はさほど好きじゃなかったんだろう。自分で稼げるようになったら本当の好みのタイプに行きたくなるのは自然だよね。でも、それを言うと自分がクズなのを認めることになるから、男が妻の悪いところを捻り出して考えた結果を寄せ集めただけの本だと思った。

 

この本によると年収1000万から男は糟糠の妻を捨て始め、年収3000万の男には9割愛人がいるとのこと。お金払いの良い男に女は弱いから、稼げるようになると男は急にモテる。

 

そして若くて可愛い女に言い寄られて悪い気がしない男の方が大多数となると・・・成金男なら尻尾ふって浮気男になるのは自明の理なのかもしれない。

 

いづれ、私よりも成功するんだ!!と息巻いてる夫もカワイイ女の子に言い寄られたら、まあ、浮気するんだろうなと思ってる。不倫報道のあった俳優を「俳優なんて、金持ってて、男前で女が寄ってこないわけないんだから浮気くらいするに決まってる」と庇う発言をする普段の言動を振り返るに、現状お金がないからモテないから浮気しないだけ、と言うことのようなので、万が一にも成功するようなことがあれば、まあ、浮気でもするんだろうなと思ってる。

 

 

うちは100万円くれたらいつでも離婚してあげるよと言ってある。

浮気された場合の慰謝料の相場が300万円だと言うから、私ってば天使じゃないかと思うくらい優しいだろう?

 

夫も職業訓練校に通ってくれて家計に金を入れてくれるので、今の生活に不満はない。家事は折半になったけれど、最近は在宅勤務なので、洗濯物くらい自分でやるし、夫の分まで干すのも苦ではない。セックスレスだけど、もう夫と性行したいと思わない。

 

夫はそもそも、女性として私が好きなわけではなく、ゆるキャラを愛でる感覚なようであるし、私も男性として好きだというよりもう、ひとりで生きていけなさそうだからほっとけなかっただけだという思いも強いので、もし成功して夫が自立できるようになるならいいんじゃないかな。

 

まあ、いなくなったらなったで、すごく寂しくはなると思うけれど、夫がいなくなる未来が来ても私は大丈夫だぞ。

 

 

ちなみに、夫はAIで失敗しない結婚相手を導きだすシステムを作りたいんだって。まあ、やればいいとは思うけど、結婚だって恋愛だって何度失敗してもいいんじゃない?別れる日が来たって、付き合ってた時には必要な相手だったと思えたなら良くないか?

 

ん。微妙なエントリーになったけど、またね。